本文へ移動

部門紹介

管理部
管理部
管理部は、総務・人事・経理・企画管理・原価管理・情報システム・施設環境等に関する業務を行っています。会社の成長性を確保すると共に、社内外の各部門と連携し、社員の皆さんが働きやすい環境を整備し、安全・安心に仕事に打ち込めるようにサポートすることが主な業務です。
工務部
工務部
 計画室
計画室は、新製品の生産準備(金型、工程整備等)など各プロジェクトの進捗管理を行います。
その他にも各種の変化点に対応して、全社の生産活動がスムーズに効率良く行われる調整・管理・仕組みの改善に積極的に取り組んでいます。
 工務課
工務課は、お客様の注文を基に生産指示を行い、必要な材料や部品を調達し生産部に届けます。完成した製品を必要量・必要なタイミングで、間違いなくお客様に納入する役割を担っています。その他にも物流改善や在庫低減、リードタイムの改善などにも積極的に取り組んでいます。
生技部
生技部
生技とは生産技術の略称で、製品の製造工程の効率化や、安定した品質を維持する方法を工程として設計する部署です。
要素技術として成形・塗装・組立などを行っています。どれも製品の構造を理解し、その製品を生産する仕組みをつくり出していく過程の中で関係部署と協議し、一番効率の良い仕組みをつくりあげていきます。 仕事の出来栄えがそのまま利益へと結び付きますので、責任は重大ですが製品が上手く出来た時の喜びは格別です。
品質管理部
品質管理部
品質管理部は会社の「品質の要」「見張り番」です。自分の会社から、「重大不良は絶対に出さない、出させない」「同じ不具合を繰り返さない」ことに重点をおいて日々活動しています。お客様、社内関連部署、仕入先とお互いに切磋琢磨しながら、自分を磨ける職場です。これからも「品質」で会社の信用をつくっていきます。
 品質管理室
新製品の品質のつくり込みや、量産後の品質維持活動(不具合対策も含む)を行っています。
 検査課
部品・製品の測定をはじめ、塗装色調検査、受入検査、仕入先管理、工程内不具合調査を行っています。
生産部
生産部
 成形
7t~650t成形機による小物・2色・大物の樹脂成形を行っています。
生産はTPS(トヨタ生産方式)をベースに生産管理を行い、生産技術、設備保全・金型保全と協議をして最新の技術・設備を導入し、自工程完結できるよう努力しています。環境問題も考え、再利用できるものはリサイクルして、少しでも廃却品を減らすよう活動しています。
職場の安全を最優先に考え、お客様に信頼される品質の「モノづくり」をモットーに日々取り組んでいます。
 塗装
自動車樹脂部品の塗装、印刷・印字といった加飾を行っています。高品質に対応するロボット等による自動塗装と多種多様なレーザー加工印字、パッド印刷等の2次加工を生産2課では実施しています。

  • ドアミラー部品塗装工程
    お客様が要求する品質を確保するために設備で塗装を行っています。製品形状の多様化に対応するためのロボットによる塗装をし複雑形状にも対応しています。塗装膜厚を均一に確保することやムダ吹きをしないために、スピンドル工法を用いた塗装を採用しています。
  • 加飾・印刷工程
    レーザー光照射によってマークや文字を印字するレーザーマーカー工程と、パッドによって転写をするタンポ印刷工程があります。
 組立
恵那工場と御嵩工場の2つの工場で組立を行っています。

ドアミラーの組立を行っている恵那工場では、駆動部分のユニット化や、完全自動組立ラインを導入し、効率化を図っています。格納作動時の音検査や自動検査を実施し、光学ミラーだけでなく、カメラ搭載の電子ミラーの製造も行っています。
また、自動駐車対応の機能を搭載した製品の製造もはじめています。完成品にするためには、各生産課で成形・塗装された部品を組み付ける必要がありますので、各課との連携がとても重要になります。ドアミラーは、車両のボデーカラーに合わせてバリエーションが多くあるため大変ですが、日々安全を最優先し、エンドユーザーに満足していただける品質を維持・管理しています。

御嵩工場は、パワーウインドウスイッチ製造において「世界トップクラスの生産量」を誇っています。その生産を支えているのが、自動組立ロボットと手組みラインによる高品質のものづくりです。
多品種少量品に対応できるコンパクトなセル生産や、自動機による標準品大量生産のほか、からくりを応用したシンプルな工程なども導入しています。社員一人ひとりの創意工夫により、世界基準のものづくりを可能にしています。工場では数多くの女性社員が活躍し、緻密さが要求される手組みラインを支えています。また、部品の仕入れから製品の出荷までを一元管理することで品質管理を徹底しています。
TOPへ戻る